音楽家を目指す人へ

スポンサーリンク

音楽家ってなに?

音楽家とは音楽活動を生業としている人のことを言います。

たとえ音楽で飯が食べられなくても音楽家にはなれます。

音楽には正解がないのでなろうと思えば誰だってなれるのです!


ただしそれだけでは生活できないので、いかに音楽をビジネスにつなげるかが問題となります。

現代社会においても宮廷音楽家はごく僅かです。

稼げる音楽家になるには?

音楽は誰かに聞いてもらえないと価値が発生しません。

自分だけの秘め事ミュージックも大切ですが、商売にするにはまず誰かに聞いてもらうこと


「てんつ」が今までに行ってきたことを記します。

  • YoutubeにフリーBGM楽曲をアップロードする
  • コンテストに参加する
  • CM制作会社、映像制作会社、ゲーム制作会社へ楽曲を視聴してもらう
  • SNSで拡散しさらに多くの方に視聴してもらう
  • クリエイター等の集まりイベントに参加する

上記のことを行ってきました。


今はネットの発展により様々な経営スタイルが可能です。

イベントに足を運んで参加し、将来のお客様と親睦を深めるのもおすすめです。

僕はこのようにして仕事につなげていきましたが、もっと面白いやり方もあると思います。

フリーランス音楽家は社長と一緒なので、あなた自身の考え方が大事なのです!

スポンサーリンク

音楽家として実力をつけるには?

音楽は永遠に終わりがありません。

上にも書きましたが正解なんてないのです。

一に勉強!二に勉強!!

勉強し実践あるのみです!


音楽理論を理解してても、実践しなければもったいないですよね。

僕は作曲に関しては独学です。

過去に仕事で音大卒の方に冷たくされた辛い思い出もあります…。 


音楽は誰だって勉強ができますし、真の正誤なんてないのです。

音大卒でなくても活躍されている音楽家はたくさんいます。

ただ音楽大学に進むことは近道ではあるので、進学できるのであれば学びに行きましょう!


話がそれましたが僕の音楽の勉強のやり方はこうです。

  • 自分が好きな楽曲を徹底的に聞きこみ、譜面を読み、演奏する
  • 和声を勉強し楽曲を分析する。
  • インプットした知識を応用させて作曲する。

シンプルですが作曲の実力が上がるのが実感できます。


今は良い教科書がたくさんあるので自分に合った本を探して勉強しましょう。

今後、おすすめの本も紹介するつもりです。

それでは!

スポンサーリンク